カラーセラピーパーソナルカラーコーディネートチャクラのぬりえセラピー☆講座☆資格取得通信講座アトリエNAOカラースクール認定カラーセラピスト養成講座公民館講座色の持つ意味




※人の心を左右する色彩マジック※

物や人の評価が理性より感性・・・好き、嫌い・良い、悪い・と いった外面的印象が決め手になることが多いのですが、
この外面的印象に大きな影響を与えるのに「色」があります。

温かさを感じさせる色  色相でいえば赤・橙・黄の暖色系、明度の低い色。
明度の一番低い色は黒です。
黒は衣服の熱吸収率が最大です。(暑さを感じます)
冷たさを感じさせる色  色相でいえば青・青緑・青紫・の寒色系。
明度の高い色。明度の一番高い色は白です。(涼しさを感じさせます)
重く感じる色
軽く感じる色

 明度の低い色は重く感じます。
色相でみると重く感じられる順番で
黒・青・赤・紫・橙・緑・黄・白となります。

 同じサイズ(重さ・大きさ)の箱を黒と白に塗り分け、 体感重量を比較してみると黒の箱は白の箱の約2倍重く感じられるという 実験結果が出ています。

黒い衣服もそのような効果があります・・・

色相よりも明度の方が重要であるといえます。
軽さを感じる色は同時にスピーディな感じも与えます。 たとえばスカイブルーやライトグリーンなどが速さを感じる色です。

大きく見える色
小さく見える色
 暖色系や明度の高い色は大きく見えます(膨張色)。
赤は目の前に迫ってくるような目立つ色で物を大きく見せる効果は抜群です。
逆に寒色系や暗い色は収縮色で物を小さく見せる効果があります。
近づく色
遠ざかる色

 上記の膨張色は物を大きく見せる効果と目の前に迫ってくる効果とで近づく、「進出色」といえます。
反対に寒色系というのは後ろに引き下がる「後退色」です。 このような性質を利用すると狭い部屋を広く見せたりする事が出来ます。


車のボディーカラーで近く感じたり、遠く感じたりすることもあるので、
交通安全に気をつけましょう。

このように色にはいろんな性質をもっていることがわかりますね。
では、次に具体的にこの色はどんな心理効果があるかという事を 見ていきましょう。

 


イラスト:角谷やすひと

お試し体験レッスンお申込ページへ

atelierNAoの公式ホームページ
チャクラのぬりえセラピーとは何か?受講のご案内など
カナダ式センセーションカラーセラピー受講のご案内など
カラーセッションに使える手作りガラスりんごのオブジェ
色が心や体に与える効果、影響
色の持つさまざまな意味
アトリエナオの活動
あなたをきれいに見せるパーソナルカラー診断と養成講座
色は波動です
ぬりえ図柄を担当しています、イラストレーター角谷やすひとの作品集
受講生専用画面
ぬりえセラピー講座修了生サロンリンク ここでも講座は受講できます!

受講生専用画面へリンク


特定商取引法に基づく規約プライバシーポリシードローイングセラピー協会概要講師プロフィール


Copyright (C) ドローイングセラピー協会.All Rights Reserved.
このサイト内の写真等無断転載を禁ず